第38回「地元になっていく街」

「地元になっていく街」    岡本1丁目 藤田 勇一
私はこの地域の出身者ではありません。縁あって岡本で働く機会を得、この美しい街に住処も移しました。この街に住み始めて6年が経ち、自分の中で岡本に対する「地元感」が生まれてきたことに喜びを感じています。私の人生では初めてのことだからです。
私は18歳までを出身地で過ごし、その後進学のため関西地方に出てきて以来、就職・結婚・独立など人生の節目節目で居を移し続けてきました。長く住んでも5年が精々、飽き性故の漂泊の生活、それを気にも留めずに生きてきました。
その私を変えたのは、この街の方々です。岡本には協議会の方々を筆頭に、この街を愛し行動する方々が、立場は様々ですが大勢いらっしゃいます。岡本は関西の「住みたい街」ランキング上位の常連、現状でも十分魅力的な街です。にも関わらずこの街をいかにより良くしていくか真剣に考え行動している方々がいる。私はその方々との往き交いを通じてこの街が大好きになり「ずっと住もう」と思うまでになりました。その思いが「地元感」に繋がっています。
これから数十年、私はこの街で生きていくでしょう。願わくは、私もこの街をより良くしていく住民の一人となれますように。

 

 

私たち、暮らしの中心が岡本です
季刊報 美しい街岡本は、『美しい街岡本協議会』が3ヶ月に1回発行するものです。 『美しい街岡本協議会』は、美しいまちなみや豊かな自然に溢れ、清潔で安心して暮らせるまちづくりを目指して、地域住民と地域で働いている人達で、活動しています。