日没後の岡本を体感 幹事揃って夜のまち歩き実施

2020/10/12

1 7月19日、幹事で「夜のまち歩き」を行いました。2月の座談会で話題になった、夜道が暗いことの改善と、夜間景観の検討にどのようにとりかかるのかを考えるため、その前に、一度自分達で夜の街の様子を確認・共有したくて実際に歩いてみました。
いつも歩いている岡本の街、日没後、お店が閉店した後の岡本はどのような街なのか。夜間の街の明るさと景観を意識しながら歩いてみたことで、新たな気付きや発見がありました。
参加幹事の感想を掲載しましたので、ぜひお目通しください。

 

■ 参加幹事の感想

思ったことは「もったいないなあ」です。閉店時間になり閉めておられる各お店の外灯またはショーウインドウは、多くのお店は電気が消されていました。景観面・安全面からも是非電気をつけてお帰りいただきたいと思いました。
何より、かく言う私のお店も電気がついていませんでした(泣)。まず私が電気をつけて帰宅しようと思い、さっそく7月19日から電気をつけています。そして、ぜひ、お店の方々・お住まいの方々に夜の外灯点灯のご協力をお願いしてまいりたいと思いました。

足立 大輔

 

2皆が一番明るいであろうと予想していた岡本坂が予想外に暗く、まず着手すべきは岡本坂だと感じました。
閉店後もシャッターを降ろさないお店とグリルシャッターのお店が閉店後も店内にほんのりと明かりを灯しておいてくださるだけでもかなり印象が変わると思います。 まずは、岡本坂を幹として、その流れをキャンパス通りやフェスティバル通り等に波及してまち全体に明るさを取り戻せればと思いました。

横田 伸之

 

電柱には基本的に街灯がついているので思っていたより暗いとは感じなかったが、電柱の間隔が長い箇所もあるので、そこはちょっと暗いなと感じました。
住宅の門灯や店舗のライトアップが早々に消えている所があったので、できれば人通りのある時間帯、JR・阪急の終電の時間くらいまでは意識的に点灯して欲しいなと思いましたが、電気代の事もあるので難しいかもしれません。
個人的には明るさより色の統一性がない事が気になりました。欧州では電球色の街灯が多く、夜になれば街全体が温かみのある色に包まれます。日本では蛍光灯が多く使われているので白みのある光源が多くなっています。岡本周辺の街路灯だけでも電球色になれば街の印象もガラっと変わるんだろうなと思いました。

林 秀峰
2-2
シャッターを閉めたテナントが続く通りは外灯が道路を照らすのみで、どこか暗く感じました。住商混在の地域柄、住居の玄関やポーチもあるのですが個人宅の外灯も最近では点けるお家が少ないのか残念ながら寂しい感じがする通りもありました。
ある通りではグリルシャッターやガラス張りのテナントが続き、店先のダウンライトが点灯していたりショーウインドウがライトアップされ、通り自体が明るく感じたと共に防犯に役立っているなと思いました。
当協議会は、景観まちづくり、特に近年は広告看板の是正に取り組んでいますが、今回の夜の街歩きを通して岡本の未来がどうなって欲しいのか、ただ街が明るくなればそれで良いのか、幹事一同頭をひねって話し合わなければと思う夜となりました。

森下 逸朗

美しい街であり続けるために 2020年4~7月

2020/10/12

※4~7月の事前協議案件は5件でした。
①セカンドストリート→一部修正をお願いし、ルールに適合する内容に変更いただいた
②ナマステ ガネーシャ マハル→掲出予定の広告の種別ごとにルール内容をお伝えし、ルールに適合する内容で掲出いただくようお願いした。修正案の返答待ち
③Melua→特に問題なし
④コープ→ルール施行前に掲出された広告物が今秋更新期限を迎えることから、既存不適格内容・是正内容を確認
⑤三井のリパーク→特に問題なし

美しい街岡本協議会のエリア内で建築行為等を行う場合は、市役所への届け出に先立ち、当協議会との事前協議が必要です。建築物・工作物の新・増・改築を行う場合や、広告物を掲示する場合は、基本計画について、必ず当協議会へ説明・相談願います。

協議が必要な行為

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書面表決による 2020年度(第38回) 定期総会の結果報告

2020/10/12

2020年度(第38回)定期総会は書面での議決とし、書面表決書をご提出いただきました。結果について下記のとおりご報告いたします。

美しい街岡本協議会 2020年度(第38回)定期総会

議題:
1.2019年度(第37期)事業報告 <賛成 61/ 反対 0(白票2)内訳:協議会員55、幹事6>

2.2019年度(第37期)収支決算報告及び監査報告 <賛成 61/ 反対 0(白票2)内訳:協議会員55 幹事6>
3.2020年度(第38期)事業計画案 <賛成 61/ 反対 0(白票2)内訳:協議会員55 幹事6>

4.2020年度(第38期)収支予算案 <賛成 61/ 反対 0(白票2)内訳:協議会員55 幹事6>

 

結果:すべての議案について、多数の賛成をもって承認されました。

補足:

【規約の抄】
第十六条(総会)
総会に過半数の幹事と会員30名(委任状を含む)以上の出席者を以て成立し、出席者の3分の2以上で決する。
第十六条(総会)
総会に過半数の幹事と会員30名(委任状を含む)以上の出席者を以て成立し、出席者の3分の2以上で決する。

 

座談会開催~今後のまちづくりについて

2020/06/22

2020年2月2日、幹事メンバーで座談会を開催しました。
座談会では、『世代交代し、若手だけで1年活動してみて思ったこと』、『幹事になる前となってからの意識の変化や気づき』、『わがまち岡本のためにこれからやってみたいこと。10年後、20年後、30年後、どんな街にしたいか』などについて、ざっくばらんに話をしました。
今年度の総括と来年度以降の活動について私たち幹事の現時点の思いをお伝えしたいと考え、座談会の報告まとめを掲載しました。ぜひ、お読みいただけたら嬉しいです。

■まず1年目やってみて
幹事になって、経験したことといっても「事前協議」と「是正の働きかけ」と「季刊報の原稿作成と配布」くらいなので、正直よくわからないけれど…。どれも必要なことだと感じている。しばらくは、引き継いだことをきちんとやっていきたいと思う。

季刊報はページ数を減らし、負担を減らしながら継続できている。クリーン作戦は、担当範囲が広いと時間内にキレイにしきれないので、以前よりガムが減っているなら、範囲を絞り毎回場所を変えて順番にやっていく方法など提案してみたい。

2020h_2
■今後のまちづくり 10年、20年、30年後の岡本

まちづくりルールなど難しいことはまだわからないけれど、10年、20年、30年後にどんな街であってほしいかをイメージしたときに、景観の要素としてやっぱり石畳はあったほうがいい、残したいと思う。

石畳についてコープ前で実験されているようだが、まち協でも何かできることを考えていきたい。「石畳は、歩きにくい、カートやベビーカーなどが押しにくい」という意見もあり、その通りだと思う。また、傷みやすくメンテナンスも大変。歩きやすく、メンテナンスがしやすく、傷みにくく耐久性のある素材で、『石畳風』で、景観を維持できる舗装が実現できないだろうか。
電柱・電線がなくなればもっと景観がよくなると思う。過去に無電柱化を検討したことがあったがトランス設置場所の確保などが困難で実現できなかったと聞いたことがある。技術が進歩して実現できることもあるかもしれない。今すぐでなくても、30年後を見据え検討してみたい。

■安全・安心で歩いて楽しい街
最近、運転の荒い車が増えたように思うし、中に入ってくる車も増えたように感じる。歩車分離せず、人と車の共存が岡本らしさ、魅力の一つだったかもしれないが、少し様子が違ってきているように思う。
お店が閉まるのが早く、夜になると暗くて怖いと思うことがある。街灯を増やしたり、夜の景観ガイドライン(お店の電気を夜もつけてもらうなど)を提案するなどして、夜も安心して歩ける街にしたい。
2020h_2_2
昨年の不動産屋さんの座談会や、幹事会でも度々話題になったが、岡本が『しょうもない街』になってきている。テナント誘致は難しいが、大家さんにご協力をお願いしていくなど、できることを考えたい。
これまで、景観まちづくりに取り組んでくることができたのは、まちの治安や住民マナーがよいという土台があってのこと。歩行者と車の共存や夜の安全・安心を守りながら、面白い個店が点在する『歩いて楽しい街』でありたいと思う。

公開幹事会 好評 開催中!

2020/06/22

公開幹事会 好評 開催中!
あなたも、ぜひ、幹事会に参加してみませんか?

当協議会の幹事会は、幹事でない方でも、まちづくりに興味のある方に参加いただけるよう「公開幹事会」として開催しています。
あなたも、ぜひ、幹事会に参加してみませんか? 定例で、毎月第3日曜日の夜に開催しています。参加希望の方は、事務局もしくは、まち協幹事にお声かけください。

 

2020h_3

 

 

景観形成助成制度を活用してみませんか?

2020/06/22

神戸市では、良好な景観の形成に貢献する建築物、外構、屋外広告物の整備などを行う際の整備費等の一部を助成する 「景観形成助成制度」が設けられています。
看板の更新等をお考えの方は、景観形成助成制度を活用してみませんか?
美しい街岡本協議会では、街に似合う看板、街を彩る素敵な看板、ルール&ガイドラインに沿った看板を設置いただくため、運用体制やサポート体制を整えて、素敵な看板の設置や不要な看板の撤去を応援したいと考えています。

屋外広告物を設置する際は、美しい街岡本協議会、神戸市景観政策課へご相談ください。

 

7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美しい街であり続けるために

2020/06/22

※2~3月の事前協議案件は5件でした。
①乃が美→協議途中でオープンし、一時的にルールに適合しないものが掲出されたが、後日、ルールに適合するよう是正
②サカイビル→ビル集合看板について既存不適格のため是正いただく方向で協議中
③こども館→壁面広告のみ先行してルールに適合する内容に更新。その他既存不適格の広告物については、4月以降に是正予定
④スギ薬局→既存不適格のため是正いただく方向で協議中
⑤Donna~dona→特に問題なし

美しい街岡本協議会のエリア内で建築行為等を行う場合は、市役所への届け出に先立ち、当協議会との事前協議が必要です。建築物・工作物の新・増・改築を行う場合や、広告物を掲示する場合は、基本計画について、必ず当協議会へ説明・相談願います。

 

【協議が必要な行為】
建築物、工作物、広告物等に係る下表の行為で、以下の項目に該当するもの。

①壁面位置指定道路(まちづくり協定)、景観 形成道路(景観形成基準)に面する敷地
②地上4階建以上の建築物等
③店舗、事務所等の非住宅用途
④8戸以上の共同住宅
⑤その他、岡本地区の健全なまちづくりに特に影響があるもの

◆建築物・工作物
・新築 増改築 大規模修繕
・移転 除却
・用途変更
・外観を変更することとなる色彩の変更
◆広告物の表示等
◆土地の区画形質の変更等
◆木竹の伐採

お気づきでしょうか?

2020/06/22

皆さま、お気づきでしょうか。昨年8月、岡本オリジナルの自動販売機 第1号が設置されました。
これは、自動販売機の新設にあたって、岡本の景観まちづくりに寄与する自動販売機にしたい! と、コカ・コーラさんからお問合せいただき実現しました。コカ・コーラの担当者さまと幹事で意見交換を行い、デザイン案を作成いただき、さらに意見を出し合い、梅とイノシシと六甲山と天上川などのイラストを配置した、とってもかわいい自動販売機ができあがりました。その後、第2号(ラッピング更新)もできました。
コカ・コーラ系列の自動販売機については、少しずつこのデザインに更新されることを期待しています。また、他の自動販売機についても、新設・更新される場合は、デザインについて、事前協議・ご相談を、ぜひ、お願いいたします。

 

2020h_4

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめての視察受け入れ 

2020/03/27

1

はじめての視察受け入れ  足立 大輔

令和元年12月7日(土)福岡県建築士会まちづくり委員会景観部の皆さんが、当協議会のまちづくりを知りたいと、視察にお越しになられました。この出会いは橋谷前会長が以前ある講演で当地区のまちづくり
についてお話された際に、福岡県建築士会の山口氏が興味を持たれ、視察のオファーをいただいたことから実現しました。

当協議会のコンサルタント根津氏に講義いただき、私も拙いながらも進行させていただき、まち歩きは幹事4名で案内しました。
岡本の街について、▼人通りがあるのに騒がしくない、上品な雰囲気、大きな看板がない、スッキリしている、自転車が少ない、コンビニさえお洒落etc …▲ たくさん誉めていただき得意満面になってしまいました。

意見交換・ディスカッションも白熱し、まちづくりについての悩みや課題に思っておられることをお聞かせいただき、私たちも勉強になりました。また、今回の視察受け入れは、自分たちのまちづくりを他地区の方々に説明するということで、世代交代をしたばかりの現幹事にとって、とてもよい経験となりました。

福岡建築士会の皆様、はるばる神戸・岡本にお越しいただき、ありがとうございました。後日、視察・研修の報告資料のご送付、季刊報への寄稿もいただきました。

福岡県建築士会の皆さんから感想・寄稿文をいただきました

2020/03/27

2-1私は飯塚の街づくりに参加しています(行けない時が多いですが)。今回、岡本に住む色んな方と話が出来、熱い思いが「やればできる」その素晴らしい取り組み方に、学ぶべき事が沢山有る事に気づき 私共の街づくりに何が不足しているのかを今後考えてやって行きたいと想いました。
清水修治

神戸のまちづくりの歩みから岡本のまちづくりの詳細まで、詳しく学ぶことが出来ました。皆様の美しいまちづくりへの熱意と努力が伝わってきました。福岡の雑然とした街並みを何とかしたいと思っている一人ですが、勇気を頂きました。

説明を聞きながらの街の散策も楽しく、auやローソン、銀行などの看板に感心致しました。やれば出来るのだなとはっきり思うことが出来ました。
藤木美惠子

まちづくりは人づくりと云われますが、まさに地元愛あふれる心のこもった岡本の街だと感服いたしました。長年にわたり苦労を重ねた活動は、若いパワーに引き継がれて岡本ならではの街を形どっていますね。本当にうらやましく思います。私たちもこの経験を役立てていきたいと勇気をいただきました。
木村洋子

「美しい街 岡本」を未来に繋げていくために、地域の皆様が様々な努力をし続けておられることに感動しました。実際に行ってみるって大切ですね!
皆さまにとって岡本という街がいかに宝物なのか、現地を訪ね歩くことで実感しました。ここで暮らしてみたいなあ~とも思いました(家賃を払えるかはまあ別にして)。何より街のために汗をかいてらっしゃる方々のお話を聞けて、そのエネルギーを感じられたことに感謝いたします。
中原明子

前回は、橋谷さんのお話とスライドだけでしたが、今回、訪問させていただいて街の雰囲気もさることながら、協議会とコンサルの皆様のお顔が生き生きしてて素敵でした。長い手間暇がここまで住民の理解と協力を得られたのだと思います。
綺麗になりだしたら誰もが雑多にできなくなりますよね。自分勝手ができなくなるけどそれで自分も美しくなれる。素敵な活動に感動しました。
山口雅克

 

2-2

2-3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち、暮らしの中心が岡本です
季刊報 美しい街岡本は、『美しい街岡本協議会』が3ヶ月に1回発行するものです。 『美しい街岡本協議会』は、美しいまちなみや豊かな自然に溢れ、清潔で安心して暮らせるまちづくりを目指して、地域住民と地域で働いている人達で、活動しています。