心に響く吹奏楽! 地域に咲き誇る音楽の花

2019/12/03

「地域とつながる、すてきな時間」  本山中学校吹奏楽部 部長 柿沼茜音

今年も黄昏コンサートに出演させていただき、ありがとうございました。
今回の黄昏コンサートは、昨年来てくださった方々の雰囲気を思い出しながら、3年生全員で演奏する曲を決めました。
流行りの曲だけではなく、少し懐かしい「ピンクレディー・メドレー」や子供が大好きな「アンパンマンのマーチ」など中学生の私たちが普段演奏しない曲も取り入れました。どの曲も練習の時からとても楽しく、本番でもたくさんの方に盛り上がっていただいたので嬉しかったです。
地域の方々とつながっていると感じられるすてきな時間を過ごさせていただきました。これからも「黄昏コンサート」で地域のみなさんに元気を届けられるように練習を積み重ねていきたいと思います。

 

「第2回黄昏コンサートに寄せて」   本山中学校PTA会長 坂本武士

コンサート当日は小雨がぱらついていましたが沢山の観客が詰めかけて熱気に溢れていました。
第2回となる今回は昨年の経験を生かして、どのようにすればコンサートが盛り上がるのか生徒が意見を出し合い、曲目が構成されていたようです。小さい子どもたちにも楽しんでもらおうとアンパンマンマーチから始まり、2019年に流行ったJ‐POPのメドレーからピンクレディまで盛りだくさんの本編と、昨年のアンケートでリクエストの多かった本山中学校校歌をアンコールに持ってくる粋な演出で大盛況のうちに幕を閉じました。
このような摂津本山駅前という最高のステージで演奏できたことは吹奏楽部の子どもたちにとって誇りであり、自信に繋がっていると確信しています。
最後になりましたが、素敵な機会を与えてくださった、美しい街岡本協議会の皆様ならびに地域の皆様に感謝申し上げます。今後も子どもたちを温かい目で見守っていただけますと幸いです。本当にありがとうございました。

 

2019_aki_2

屋外広告物専門委員会開催報告

2019/12/03

屋外広告物専門委員会開催報告
8月28日(水)屋外広告物専門委員会を開催しました。
今回は、専門委員のサインクリエーター谷澤氏の事務所にお邪魔して、デザインから行う看板屋さんの仕事内容を紹介いただきました。
また、前回委員会以降の事前協議案件の協議内容および対応について専門委員の先生方に報告しました。

美しい街であり続けるために

2019/12/03

※8~10月の事前協議案件は7件でした。

①ローソン→当初より景観に配慮いただいた計画。設置数の確認を行い、突出広告の設置位置を変更いただいた
②個別教室のトライ→特に問題なし
③馬淵個別→文字の大きさ、表示内容等について修正、変更。特に問題なし
④嵜本→設置数を調整。特に問題なし
⑤サン・オカモト(ビル外壁工事中のテナント広告について)→特に問題なし
⑥サクッとハイフ→特に問題なし
⑦綾→事前協議なしに出店。当地域のルール&ガイドラインについて説明に伺った

 

【協議が必要な行為】
建築物、工作物、広告物等に係る下表の行為で、以下の項目に該当するもの。

①壁面位置指定道路(まちづくり協定)、景観 形成道路(景観形成基準)に面する敷地
②地上4階建以上の建築物等
③店舗、事務所等の非住宅用途
④8戸以上の共同住宅
⑤その他、岡本地区の健全なまちづくりに特に影響があるもの

◆建築物・工作物
・新築 増改築 大規模修繕
・移転 除却
・用途変更
・外観を変更することとなる色彩の変更
◆広告物の表示等
◆土地の区画形質の変更等
◆木竹の伐採

クリーン作戦に参加しました。

2019/12/03

去る9月9日に岡本クリーン作戦が実施されました。クリーン作戦とは、商店街や地域の方々、大学生の皆さんと、ガム取り、ゴミ拾いなどを行う一斉清掃ですが、さすが岡本の街、ガムのポイ捨てやひどい汚れなどは少なかったと感じました。これは地域がらもありますが、長年クリーン作戦を行ってきた成果だとも思っています。

さて、私は過去、一商店として参加したことはありましたが、今回のようにリーダーを任せられたのは初めてでした。1時間という短い間に「あれをしてもらい、これをしてもらおう」と、シミュレーションをしてからの本番でしたが、前述のようにあまり汚れが無かったのと、うだるような暑さのなか熱中症で倒れても困るので間に休憩をはさみました。これが功を奏したのかは分かりませんが、手伝ってくれた学生さんも前半後半ともに気持ちよく作業してくれたのではないでしょうか。

それにしても暑い日でした。汗だくになるのでスーツ姿では間違いなくできません。おめかしした女子学生さんなんかは特に悲惨でしょう。今回のような暑い日に開催しないように日程を調整することや参加者には作業に適した服装で参加いただくようあらかじめ呼び掛けることなどが今後の課題ではないかと思っています。
森下 充朗

 

2019_aki_4

もとやま夏フェス

2019/12/03

8月18日(日)本山エリアの12の地域団体が協力して企画・開催した、第1回もとやま夏フェスが開催されました。
美しい街岡本協議会は、本山鉄道クラブさんが製作・運行する「チビッ子ミニ電車」の線路の取り付け作業のお手伝いという形で参加させていただきました。
地域一体となる行事が企画・開催されたこと、そこに私たちも参加できたことがとても嬉しく、これからもいろいろ参加していきたいと思っています。

IMG_4415もとやま夏フェス

公開幹事会 好評開催中!

2019/12/03

5月26日(日)第37回定期総会に、たくさんのご参加をありがとうございました。
総会にて、岡本地区まちづくり協定を更新(内容は現行ののまま継続)することが可決されました。今後は、神戸市に必要書類を提出し、市内部の諸手続きを経て、更新・再締結となる見込みです。
総会では役員改選案も承認いただいきました。バトンを受け取った新しい幹事会メンバーで手探りながら、ざっくばらんに意見を出し合い、自分達なりに考え、実践していこうと奮闘しております。
当協議会の幹事会は、幹事でない方でも、まちづくりに興味のある方に参加いただけるよう「公開幹事会」として開催しています。
あなたも幹事会に参加してみませんか?参加希望の方は、事務局までご連絡いただくか、まち協幹事にお声かけください。

 

DSC_0202

美しい街であり続けるために

2019/12/03

※4~7月の事前協議案件は6件でした。
①コカ・コーラ→自動販売機設置にあたり、景観ルールについて問い合わせがあった。
当地区には、自動販売機に特化したルールはないことを説明の上、岡本オリジナルのデザインを検討いただけることとなった。意見交換を重ね、梅やイノシシのイラスト入りの岡本にしかない自動販売機が設置される予定
②炭火焼鳥ハッケン酒場→居心伝より業態変更。入り口上の壁面広告は設置位置等ルールに適合する内容に修正。突出広告は既存枠の出幅がルールに適合しないが、今回は費用と時間がないため既存枠のまま利用するとのこと。ただし、次回更新時は必ず是正することを約束
③ふじた小児科→特に問題なし
④結い処~風の庭→特に問題なし
⑤おもちゃひろば→特に問題なし
⑥ローソン→デザイン等は特に問題なし。 設置数について確認・協議中

美しい街岡本協議会のエリア内で建築行為等を行う場合は、市役所への届け出に先立ち、当協議会との事前協議が必要です。建築物・工作物の新・増・改築を行う場合や、広告物を掲示する場合は、基本計画について、必ず当協議会へ説明・相談願います。

 

【協議が必要な行為】
建築物、工作物、広告物等に係る下表の行為で、以下の項目に該当するもの。

①壁面位置指定道路(まちづくり協定)、景観 形成道路(景観形成基準)に面する敷地
②地上4階建以上の建築物等
③店舗、事務所等の非住宅用途
④8戸以上の共同住宅
⑤その他、岡本地区の健全なまちづくりに特に影響があるもの

◆建築物・工作物
・新築 増改築 大規模修繕
・移転 除却
・用途変更
・外観を変更することとなる色彩の変更
◆広告物の表示等
◆土地の区画形質の変更等
◆木竹の伐採

2019・2020年度幹事 自己紹介・ご挨拶

2019/12/03

2019・2020年度幹事 自己紹介・ご挨拶
2019su4p

節目の50年 季刊誌バックナンバーの全表紙

2019/06/16

節目の50号  編集長 小田 敏夫

季刊報「美しい街岡本」は、今号で第50号となりました。平成十八年夏、緑の色紙にモノクロ印刷で始まった季刊報は、一年後にカラー化。さらにその一年後には、頁数が倍、8ページの構成となりました。
まちづくり協議会(まち協)の存在と活動を、多くの人に知ってもらおうと始めた季刊報。手前味噌ながら、所期の目標は達成されたのではないかと思います。名ばかりの編集長ながら、創刊からここまで続けてこられたことに感慨を覚えます。
寄稿頂いた全ての皆さん、各戸に手配りで季刊報を配布してくださった皆さん、そして何より多くの読者の皆さんに心から厚く御礼申し上げます。
平成から令和に変わる今年、まち協も大きく世代交代いたします。この節目の年に第50号という記念号が発行されることに、不思議な縁を感じます。今後とも、まち協をよろしくお願いいたします。
50号を記念して、季刊報バックナンバーの全表紙を振り返ってみましょう。

Vol. 1 2006夏号
緑の色紙にモノクロ印刷、4ページ(A3両面印刷2つ折り)で創刊しました。
美しい街岡本の名のもとに、景観まちづくりに取り組む協議会らしく、紙面のレイアウトやデザインを意識しました。
後にカラー化した際もこのデザインは踏襲しています。

1~9号

 

10~21号

 

22~36号

37~49号

途中から、カラーになり、ページ数が増え、紙質を変え、人語のタイトルがついたり、目次をつけたり、グラデーション配色を替えてみたり、「会いたい聞きたい」「温故知新」などシリーズ記事を企画したりしてきました。
こうして、少しずつ工夫、試行錯誤しながら、発行し続けてきたことを振り返って、編集委員をはじめ幹事一同、感慨深い思いに耽っております。
これからも、活動の報告や、私たちの美しい街岡本への思いを発信していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

岡本人語 47人リレーを振り返り

2019/06/16

岡本人語は、筆者から次号の筆者を紹介していただき、どんどんリレーしていく「リレー連載」です。
連載のはじめは、無題でしたが、5人目からタイトルが付きました。2人目と4人目のタイトルの( )は、今回の振り返り企画に際し、タイトルを後付けいただいたものです。
まち協幹事から始まり、幹事の知人へバトンタッチ、そのまた知人へバトンタッチ。いつか、あなたへ、そしてあなたのお知り合いへ。岡本に縁のあるみなさんのツナガリで続いてきたコーナーです。
それでは、委季刊報バックナンバーと合わせて、人語の47人リレーも振り返りましょう。

Vol.1 1人目 『 無 題 』橋谷 惟子
Vol.2 2人目『 無 題 (美しい気持ちになれる街)』田畑 英樹
Vol.3 3人目『 無 題 』小田 敏夫
Vol.4 4人目『 無 題 (常ニ、備ヘヨ)』松澤 一慶
Vol.5 5人目『扉』SEED’s DANCE STUDIO 小城 有佳
Vol.6 6人目『空港で』矢野 典子
Vol.8 7人目『岡本の品格』早柏 愛子
Vol.9 8人目『自慢になる街』T.K
Vol.10 9人目『「明石屋」での決起集会』ゼンクリエイト 根津 昌彦
Vol.11 10人目『岡本で暮らして』忽那 美和
Vol.12 11人目『岡本で音楽と共に』ミュージックブライス NAOKO
Vol.13 12人目『岡本は“人の顔”が見える街。』川井 道子
Vol.14 13人目『ドイツ人の夫とわたしが』森 Wenzel 明華
Vol.15 14人目『再び岡本で』素麻
Vol.16 15人目『岡本で企業して』ZENMA 岩村 啓子
Vol.18 16人目『美しい街岡本への思い』パソコン教室マーブル 堤 将美
Vol.19 17人目『私にとって自慢の町』salon de okamoto 足立 大輔
Vol.21 18人目『離れられない、離れたくない街…岡本…』㈱甲南土地建物 森下 充朗
Vol.22 19人目『私の中の岡本』灘寿司 上野 好宏
Vol.23 20人目『いつまでも羨ましがられたい…』花かんざし 吉田 隼人
Vol.24 21人目『美しい街岡本を想う』横山 雅一
Vol.25 22人目『モノ作りをする者の夢見る岡本』鹿児島 蓉子
Vol.26 23人目『癒しの街』古高 幸
Vol.27 24人目『人にやさしい街・岡本』名田 敦子
Vol.28 25人目『魅力ある石畳の街・岡本のために』カフェ ラヴニール 橋本 和也
Vol.29 26人目『一人を楽しんで』大場 都
Vol.30 27人目『梅は岡本、福音も岡本』赤川 祥夫
Vol.31 28人目『一人を楽しんで』大場 都
Vol.32 29人目『美しい街に美しい着物姿』やなせ ひろこ
Vol.33 30人目『一期一会』野原 神川
Vol.34 31人目『第二の人生』Merry-J 鈴木 順子
Vol.35 32人目『縁』小坪 愛
Vol.36 33人目『神戸らしさ』R the wineshop 渡辺 良平
Vol.37 34人目『あれから50年』丹後 勝弘
Vol.38 35人目『感謝』ラ・シュミネ 阿部 良平
Vol.39 36人目『美しい街と格好の良い人が調和する街』ヴェール 畑 成見
Vol.40 37人目『地元愛』DogSalonぽぽち 井上 千砂
Vol.41 38人目『地元になっていく街』藤田 勇一
Vol.42 39人目『人が輝く街 岡本』メナードフェイシャルサロン岡本 大西 佐紀子
Vol.43 40人目『坂の街に引っ越して』平野 貴和
Vol.44 41人目『岡本にて』木皿 行洋
Vol.45 42人目『岡本10年』とっとり居酒屋やませ 高岩 雄一
Vol.46 43人目『(幼)馴染みの街』岡本商店街振興組合 事務長 道法 美子
Vol.47 44人目『私的岡本おすすめスポットベスト5』カインドオル 河野 佑介
Vol.48 45人目『街づくりは人づくり』バルガンチャ 岩瀬 善紀
Vol.49 46人目『梅祭りの甘酒』梅まつり実行委員長 横山 雅一

私たち、暮らしの中心が岡本です
季刊報 美しい街岡本は、『美しい街岡本協議会』が3ヶ月に1回発行するものです。 『美しい街岡本協議会』は、美しいまちなみや豊かな自然に溢れ、清潔で安心して暮らせるまちづくりを目指して、地域住民と地域で働いている人達で、活動しています。